論文(和文原著)

  1. 尾見徳弥.(2020)「基本的なレーザー・光治療の原理と注意点」.日本美容皮膚研究会雑誌.13(1)3-7.
  2. 尾見徳弥.(2019)「美容皮膚科の進歩と功罪」.日本美容皮膚研究会雑誌.12(1)3-6.
  3. 尾見徳弥.(2019)「炭酸ガスフラクショナルレーザーによる美容皮膚科治療最前線」.Bella Pelle.4(1)川島眞編.株式会社メディカルレビュー社(東京).59-61
  4. 尾見徳弥.(2019)「特定商取引法、割賦販売の改正内容と具体例」.Bella Pelle.4(1)川島眞編.株式会社メディカルレビュー(東京).54-55
  5. 尾見徳弥.(2018)「高周波(RF)の温熱効果でのp.acnesへの影響によるざ瘡治療」.Bella Pelle.3(3)川島眞編.株式会社メディカルレビュー(東京).57-60
  6. 尾見徳弥.(2018)「脱毛の手法」.美容皮膚医学 BEAUTY.1(1)川田暁編.株式会社医学出版(東京).41-47
  7. 尾見徳弥.(2018)「レーザ・光線治療の機序と安全性」.最新 美容皮膚科診療ナビゲーション.秋田浩孝編.株式会社学研メディカル秀潤社(東京).122-126
  8. 尾見徳弥.(2018)家庭用美容機器に対する考え方.Bella Pelle.川島眞編.株式会社メディカルレビュー社(東京).3(2):68~69.
  9. 尾見徳弥.(2018)第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会開催にあたって.Bella Pelle.川島眞編.株式会社メディカルレビュー社(東京).3(2):50~51.
  10. 尾見徳弥.(2018)美容医療広告の諸問題‐ネットパトロールの背景‐.WHAT’S NEW in 皮膚科学.宮地良樹編.株式会社メディカルレビュー社(東京):178~179.
  11. 尾見徳弥.(2017)広告規制への対応.Bella Pelle.川島眞編.株式会社メディカルレビュー社(東京).2(2):78~79.
  12. 尾見徳弥.(2016)シミ・しわ・頬のたるみ.女性が見た目を気にするcommon disease.女性医療のすべて.太田博明編.株式会社メディカルレビュー社(東京).216~217.
  13. 尾見徳弥. (2016)形成外科医が知っておきたい美容皮膚知識.形成外科.59(11):1154~1159.
  14. 尾見徳弥、鈴木英紀.(2016)ダイオードレーザーを用いた脱毛における臨床的、組織学的検討.JADS.9(1):10~14.
  15. 尾見徳弥,沼野香世子.(2015)レーザー・光線治療の実際と安全な施術.JADS. 8:11-15.
  16. 「これだけは知っておきたい炭酸ガスレーザーの基礎知識」日本小児皮膚科学会雑誌 2014:33(1) 63-67 2014年2月 日小皮会誌
  17. 「知っておきたい基礎用語‐エキシマレーザー」日本小児皮膚科学会雑誌 2014:33(1) 63-67 2014年2月 日小皮会誌
  18. 髙松 章, 尾見徳弥. (2012) 人間関係構築のための行動変革. JADS. 5:22-28.
  19. 尾見徳弥. (2011) Fractional CO2 laserによるニキビ瘢痕(acne scar)治療. JADS. 4:22-27.
  20. 秋本眞喜男, 宮崎道雄, 野本真由美, 前田憲寿, 尾見徳弥, 西村朋史. (2009) イオントフォレーシスの開発と腫瘍親和性光感受性物質の経皮吸収促進. 日レ医誌. 30:213.
  21. 尾見徳弥, 沼野香世子, 川名誠司, 佐藤茂. (2009) レチノール封入ナノカプセルの皮膚への作用. 皮膚と美容. 38:84-89.
  22. 尾見徳弥, 川名誠司, 加賀あゆ美, 沼野香世子. (2008) 美容機器を用いた制毛処置における臨床的、組織学的検討. JADS. 1:24-28.
  23. 奥山ます美, 尾見徳弥. (2006) セルライトに対するマッサージ装置や外用剤による軽減効果の比較. Aesthet.Dermatol. 16:27-31.
  24. 尾見徳弥, Clement RM, 川名誠司. (2006) 新しいタイプIPL(iPulse)を用いた光治療の可能性. Aesthet.Dermatol. 16:32-36.
  25. 秋本真喜雄, 尾見徳弥. (2006) 高周波直流パルス型イオントファレーシス装置の開発とその皮膚科学への応用. Aesthet.Dermatol. 16:37-44.
  26. 秋本真喜雄, 尾見徳弥. (2005) 高周波直流パルス型イオン導入装置の開発とその美容皮膚科学への応用. Aesthet.Dermatol. 15:170.
  27. 秋本真喜雄, 尾見徳弥, 河原 誠. (2005) 高周波直流パルス型イオントフォレーシス装置の開発とその皮膚科学への応用. 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集. 2005:11-19.
  28. 尾見徳弥, 奥山ます美, 川名誠司, 本田光芳. (2005) パルスダイレーザーを用いた伝染性軟属腫の治療. 日小皮会誌. 24:213-216.
  29. 木下優子, 矢久保修嗣, 荒川泰行, 尾見徳弥. (2003) セルライト治療における漢方方剤選択のための自覚症状. 日大医学雑誌. 62:243-249.
  30. 尾見徳弥, 川名誠司, 佐藤 茂, 本田光芳. (2002) Dye Laser (N-Lite) によるCollagen Replanishment. 皮膚臨床. 44:1185-1189.
  31. 尾見徳弥, 川名誠司, 淺野伍朗, 本田光芳, Thestrup-Pedersen K, Hankins RW. (2002) アトピー性皮膚炎患者皮疹部皮膚生検よりIL-2及びIL-4を用いたskin homing T細胞の培養とその免疫学的特徴. 日小皮会誌. 21:33-39.
  32. 加藤篤衛, 尾見徳弥, 浅野伍朗, 川名誠司. (2002) レーザー脱毛の機種、出力の違いにおける組織学的変化の検討. 日医大医会誌. 69:564-570.
  33. 尾見徳弥, 小坂祥子, 川名誠司, 佐藤 茂, 本田光芳. (2002) ClearLight (Lumenis, lsrael)によるざ瘡治療の臨床効果と細菌学的変動. Aesthet.Dermatol. 12:77-82.
  34. 尾見徳弥, 川名誠司, 本田光芳. (2002) 家庭用高周波脱毛器による脱毛の効果. Aesthet.Dermatol. 12:91-95.
  35. 尾見徳弥, 本田光芳, 川名誠司, 加藤篤衛, 平井 隆, 浅野伍朗. (2001) 病理組織学的観点からみたルビーレーザーとアレキサンドライトレーザーのレーザー脱毛における効果の相違. Aesthet.Dermatol. 10:65-69.
  36. 尾見徳弥, 川名誠司, 本田光芳, 畑 三恵子, 竹崎伸一郎. (2001) Long pulse dye laser (N-Lite)による非浸襲的な皮膚の再構築. Aesthet.Dermatol. 10:71-74.
  37. 畑 三恵子, 榊原貴子, 菊地伊豆実, 川瀬容子, 沼野香世子, 秋本眞喜雄, 尾見徳弥. (2001) イオントフォレーシスの皮膚に対する効果. Aesthet.Dermatol. 10:91-99.
  38. 尾見徳弥, 本田光芳, 川名誠司, 畑 三恵子, 山本一哉. (2000) ウルトラパルス炭酸ガスレーザーを用いた陥入爪の手術療法. 日小児皮誌. 19:121-124.
  39. 尾見徳弥, 本田光芳, 畑 三恵子, 川名誠司, 浅野伍郎, 山本一哉. (2000) レーザー脱毛における免疫病理組織学的観点からみた効果. Aesthet.Dermatol. 10:7-11.
  40. 畑 三恵子, 秋本眞喜雄, 川名誠司, 三浦祐里子, 沼野香世子, 岩切加奈, 尾見徳弥. (1999) Image Colorimeterによる皮膚色の定量:第一報. 日皮会誌. 109:2237-2241.
  41. 尾見徳弥, A Olesen, K Thestrup-Pedersen, 山本一哉. (1997) 高齢出産はアトピー性皮膚炎の発症因子となるか?-Old Motherの仮説-. 日小皮会誌. 16:21-26.
  42. 川並汪一, 尾見徳弥, 荻原英子. (1995) 本学における感染症DNA診断のルーチン化-HPVと結核菌について-. 日医大医会誌. 62:401-405.
  43. 尾見徳弥, 辻井厚子, 川並汪一, 松田 潔, 辺見 弘. (1995) 凍結同種移植皮膚片の熱傷創への器質化過程に関する免疫組織学的観察. 日皮会誌. 105:31-42.
  44. 小林伸子, 津田晃男, 遠藤祐理子, 横山 泉, 江川ゆり, 伊東文行, 尾見徳弥, 中島美知子. (1994) 外陰部基底細胞上皮腫の2例と当科における基底細胞上皮腫の統計. S Cancer. 9:387-391.
  45. 荻原英子, 尾見徳弥, 川並汪一, 中田朋子, 野村信夫, 石崎良太郎, 大網 弘. (1994) PCR法による結核菌DNA検索の試み. 日医大医会誌. 61:54-58.
  46. 松田 潔, 辺見 弘, 安田和弘, 川井 真, 辻井厚子, 西 芳徳, 山下照代, 大塚敏文, 川並汪一, 尾見徳弥. (1992) Frozen allograftの病理組織学的検討. JJAAM. 3:270-378.
  47. 尾見徳弥, 川並汪一, 本田光芳, 赤松 弘. (1991) ヒト胎生期の皮膚気道系の発達とマスト細胞《学位論文》. アレルギー. 40:1407-1414.

論文(欧文原著)

  1. Tokuya Omi,Shigeru Sato.(2018)「An ultrastructural-based comparative study on the effects of lightbased skin rejuvenation modalities」:Aesthetic Dermatology.28(2):31-42
  2. Tokuya Omi.(2018)Evaluation of the Safety and Efficacy of Continuous Use of a Home-Use High-Frequency Facial Treatment Appliance.Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications.8(1):25~34.
  3. Tokuya Omi.(2017)Static and dynamic mode of 810nm diode laser hair removal compared: A clinical and histological study.LASER THERAPY 26(1):31~37.
  4. 「IgA Vasculitis Complicated by Cytomegalovirus Enteritis: A Case Report」J Nippon Med Sch 2014: 81(1) 48-52  2013年2月
  5. 「Eosinophilic granulomatosis with polyangiitis (Churg-Strauss Syndrome) with microscopic eosinophilic thromboembolism and cardiac involvement: report of two cases」Eur J Dermatol 2013: 23(5) 677-680 2013年10月
  6. Omi T, Numano K. (2014) The role of the CO2 laser and fractional CO2 laser in dermatology. Laser Therapy. 23:49-60.
  7. Omi T, Sato S, Kaminaka C, Yamamoto Y, Kawana S, Naito Z. (2014) A histological study on the treatment of acne scars with fractional radiofrequency: preliminary findings. J Clin Exp Dermatol Res. 5.
  8. Ueno T, Omi T, Uchida E, Yokota H, Kawana S. (2014) Evaluation of hyperbaric oxygen therapy for chronic wounds. J Nippon Med Sch. 81:4-11.
  9. Matayoshi T, Omi T, Sakai N, Kawana S. (2013) Clinical significance of blood coagulation factor XIII activity in adult Henoch-Schonlein purpura. J Nippon Med Sch. 80:268-278.
  10. Omi T, Kawana S. (2013) Adverse effects of permanent waving and hair relaxation-assessment by scanning electron microscopy (SEM). J Cosmet Dermatol Sci Appl. 3:45-48.
  11. Omi T, Kawana S, Sato S, Naito Z. (2013) Histological study on the treatment of vascular malformations resistant to pulsed dye laser. Laser Therapy. 22:181-186.
  12. Omi T, Ochiai Y. (2013) Evaluation of the efficacy and safety for atopic dry skin of a medicinal moisturizing lotion (Mentholatum AP soft medicinal moisture lotion) prepared by a high-pressure emulsification method. J Cosmet Dermatol Sci Appl. 3:145-150.
  13. Sato S, Sasaki Y, Adachi A, Omi T. (2013) Reduction and block staining of human hair shafts and insect cuticles by ammonium thioglycolate to enhance transmission electron microscopic observations. J Cosmet Dermatol Sci Appl. 3:157-161.
  14. Omi T, Sato S, Kawana S. (2013) Ultrastructural assessment of cellulite morphology: clues to a therapeutic strategy? Laser Therapy. 22:131-136.
  15. Emerson R, Ash C, Town G, Donne K, Omi T, Daniel G. (2013) Pigmentation: selective photothermolysis or non-specific skin necrosis using different intense pulsed light systems? J Cosmet Laser Ther. 15:133-142.
  16. Omi T, Kawana S. (2013) Recalcitrant molluscum contagiosum successfully treated with the pulsed dye laser. Laser Therapy. 22:51-54.
  17. Sato S, Takaki T, Nishiyama H, Omi T. (2013) TiO2 nanoparticles induced genotoxicity in cultured cells using atmospheric scanning electron microscopy (ASEM). J Cosmet Dermatol Sci Appl. 3:121-123.
  18. Omi T. (2012) Photopneumatic technology in acne treatment and skin rejuvenation: Histological assessment. Laser Therapy. 21:113-123.
  19. Omi T, Yamashita R, Kawana S, Sato S, Naito Z. (2012) Low fluence Q-switched Nd: YAG laser toning and Q-switched Ruby laser in the treatment of melasma: a comparative split-face ultrastructural study. Laser Therapy. 21:15-21.
  20. Omi T, Kawana S, Sato S, Bonan P, Naito Z. (2011) Fractional CO2 laser for the treatment of acne scars. J Cosmet Dermatol. 10:294-300.
  21. Nishimura T, Akimoto M, Miyazaki M, Maeda K, Miyakawa M, Nomoto M, Omi T. (2011) Iontophoretic photosensitization of the skin re-evaluated by colorimetric imaging in senile patients. Bioimages. 19:1-6.
  22. Akimoto M, Maeda K, Omi T, Nishimura T, Miyakawa M. (2010) Photodynamic therapy in the dermatological field and enhanced cutaneous absorption of photosensitizer. Progress in Electromagnetics Research Symposium Proceedings. 583-587.
  23. Omi T, Kawana S, Sato S, Naito Z. (2010) Histological evidence for skin rejuvenation using a combination of pneumatic energy, broadband light, and growth factor therapy. J Cosmet Laser Ther. 12:222-226.
  24. Kawana S, Tachihara R, Kato T, Omi T. (2010) Effect of smooth pulsed light at 400 to 700 and 870 to 1,200 nm for acne vulgaris in Asian skin. Dermatol Surg. 36:52-57.
  25. Kawana S, Kato Y, Omi T. (2010) Efficacy of a 5-HT1a receptor agonist in atopic dematitis. Clin Exp Dermatol. 35:835-840.
  26. Omi T, Sato S, Numano K, Kawana S. (2010) Ultrastructural observations of chemical peeling for skin rejuvenation. J Cosmet Laser Ther. 12:21-24.
  27. Omi T, Akimoto M, Miyazaki M, Kawana S. (2009) Iontophoresis-enhanced cutaneous absorption of 5-aminolevulinic acid shortens the incubation period in photodynamic therapy. Laser Therapy. 18:143-149.
  28. Omi T, Munavalli GS, Kawana S, Sato S. (2008) Ultrastructural evidence for thermal injury to pilosebaceous units during the treatment of acne using photopneumatic (PPX) therapy. J Cosmet Laser Ther. 10:7-11.
  29. Takezaki S, Omi T, Sato S, Kawana S. (2006) Ultrastructural observations of human skin following irradiation with visible red light-emitting diodes(LEDs): A preliminary in vivo report. Laser Therapy. 14:153-160.
  30. Takezaki S, Omi T, Sato S, Kawana S. (2006) Light-emitting diode phototherapy at 630±3mm increases local levels of skin homing T cells in human subjects. J Nippon Med Sch. 73:75-81.
  31. Omi T, Clement RM. (2006) The use of a conatant spectrum, uniform temporal profile intense pulsed light source for long-term hair removal in asian skin. J Cosmet Laser Ther. 8:138-145.
  32. Omi T, Kawana S, Sato S, Takezaki S, Honda M, Igarashi T, Hankins RW, Bjerring P, Thestrup-Pedersen K. (2005) Cutaneous immunological activation elicited by a low-fluence pulsed dye laser. Br J Dermatol. 153:57-62.
  33. Omi T, Bjerring P, Sato S, Kawana S, Hankins RW, Honda M. (2004) 420nm intense continuous light therapy for acne. J Cosmet Laser Ther. 6:156-162.
  34. Kato T, Omi T, Naito Z, Kawana S. (2004) Histological hair removal study by ruby or alexandrite laser with comparative study on the effects of wavelength and fluence. J Cosmet Laser Ther. 6:32-37.
  35. Omi T, Kawana S, Asano G, Honda M, Thestrap-Pedersen K, Hawkins RW. (2002) Culture of skin homing T cells from lesional skin of atopic dermatitis patents using IL-2 and IL-4. Jpn J Pediatric Dermatol. 21:33-39.
  36. Kato T, Omi T, Asano G, Kawana S. (2002) Histological changes elicited by hair removal lasers. J Nippon Med Sch. 69:564-570.
  37. Omi T, Honda M, Yamamoto K, Hata M, Akimoto M, Asano G, Kawana S. (1999) Histological effects of ruby laser hair removal in Japanese patients. Lasers Surg Med. 25:451-455.
  38. Omi T, Kawanami O, Matsuda K, Tsujii A, Kawai A, Henmi H, Ferrans VJ. (1996) Histological characteristics of the healing process of frozen skin allograft used in the treatment of burns. Burns. 22:206-211.

 著書

  1. 尾見徳弥.(2021)「従来行われてきた脱毛法:毛抜き、shaving、wax脱毛、電気脱毛」.美容皮膚医学BEAUTY.4(2)尾見徳弥.株式会社医学出版(東京)10-16.
  2. 尾見徳弥.(2021)「エステティックサロンや家庭用の装置」.美容皮膚医学BEAUTY.4(2)尾見徳弥.株式会社医学出版(東京)69-73.
  3. 尾見徳弥.(2020)「高齢者に対するレーザー・光治療の注意点」.美容皮膚医学BEAUTY.3(8)植木理恵.株式会社医学出版(東京)68-76.
  4. 尾見徳弥.(2020)「サプリメントの法的位置づけと現状」.美容皮膚医学BEAUTY.3(2)尾見徳弥.株式会社医学出版(東京)6-12.
  5. 尾見徳弥.(2019)「青色母斑」.ジェネラリスト必携!この皮膚疾患のこの発疹.宮地良樹、安部正敏.株式会社医学書院(東京)141-144.
  6. 尾見徳弥.(2019)「レーザー・ホワイトライト(光)脱毛:最近の話題」.美容皮膚医学BEAUTY.2(3)尾見徳弥.株式会社医学出版(東京)38-43.
  7. 尾見徳弥.(2018)家庭用美容機器に対する考え方.Bella Pelle.川島眞編.株式会社メディカルレビュー社(東京).3(2):68~69.
  8. 尾見徳弥.(2018)第36回日本美容皮膚科学会総会・学術大会開催にあたって.Bella Pelle.川島眞編.株式会社メディカルレビュー社(東京).3(2):50~51.
  9. 尾見徳弥.(2018)美容医療広告の諸問題‐ネットパトロールの背景‐.WHAT’S NEW in 皮膚科学.宮地良樹編.株式会社メディカルレビュー社(東京):178~179.
  10. 尾見徳弥.(2017)広告規制への対応.Bella Pelle.川島眞編.株式会社メディカルレビュー社(東京).2(2):78~79.
  11. 尾見徳弥.(2016)シミ・しわ・頬のたるみ.女性が見た目を気にするcommon disease.女性医療のすべて.太田博明編.株式会社メディカルレビュー社(東京).216~217.
  12. 「美容皮膚科をとりまく問題点と今後の将来性」 マルホ皮膚科セミナー内容集 №233 2015年1月31日発行 20-23 発行:マルホ株式会社
  13. 「皮膚科における痤瘡の光線治療」尾見徳弥 光アライアンス 2014.7. 25(7) 35-39
  14. 「Light-Emitting Diode Phototherapy」R. Glen Calderhead、Tokuya Omi Springer-Verlag London 2014 307-327 「Handbook of Laser in Dermatology」
  15. Оми Т., Нумано К. Обзор: использование CO2-лазерных технологий в дерматологии // Аппаратная косметология. 2015. № 1. С. 76-89.M
  16. 「セルライト」尾見徳弥,沼野香世子 皮膚科医のための臨床トピックス.最近のトピックス2015.臨床皮膚科.69(5増):148-150,2015(2015年4月10日発行)
  17. 「機能化粧品にはどのようなものがありますか?」尾見徳弥 コスメマイスター スキンケアマイスター.検定試験参考図書.一般社団法人日本コスメティック協会,2015年7月31日発行 132-133 編集:川島眞、宮地良樹 発行:株式会社メディカルレビュー社
  18. 「メイクアップ化粧品にはどのようなものがありますか?役割についても教えてください。」尾見徳弥 コスメマイスター スキンケアマイスター.検定試験参考図書.一般社団法人日本コスメティック協会,2015年7月31日発行 136-137 編集:川島眞、宮地良樹 発行:株式会社メディカルレビュー社
  19. 「むだ毛の処理ってどれがいいの?」尾見徳弥、朝山祥子 コスメマイスター スキンケアマイスター.検定試験参考図書.一般社団法人日本コスメティック協会,2015年7月31日発行 144-145 編集:川島眞、宮地良樹 発行:株式会社メディカルレビュー社
  20. 「クレンジングと洗顔方法について教えてください。また、洗顔後のスキンケアのポイントは何ですか?」 朝山祥子、尾見徳弥 コスメマイスター スキンケアマイスター.検定試験参考図書.一般社団法人日本コスメティック協会,2015年7月31日発行 90-91 編集:川島眞、宮地良樹 発行:株式会社メディカルレビュー社
  21. 「ネイルケアの方法について教えてください。また、正しいネイルケアがなされなかったときに起こる病気は何ですか?」 朝山祥子、尾見徳弥 コスメマイスター キンケアマイスター.検定試験参考図書.一般社団法人日本コスメティック協会,2015年7月31日発行 92-93 編集:川島眞、宮地良樹 発行:株式会社メディカルレビュー社
  22. 「皮膚科における“ガイドラインによらない”ざ瘡の治療」尾見徳弥 皮膚と美容.47(3):85-89,2015
  23. 「美容皮膚科」尾見徳弥 皮膚疾患ベスト治療.275-278,2016(2016年2月5日発行) 編集:宮地良樹 発行:株式会社学研メディカル秀潤社
  24. 尾見徳弥, 沼野香世子. セルライトとは? WHAT’S NEW in 皮膚科学 2014-2015. 宮地良樹編. メディカルレビュー社(東京). (印刷中).
  25. 尾見徳弥. セルライト治療の決め手:治療を求められたときの解決法は?苦手な外来皮膚疾患100の解決法~そのとき達人はどのように苦手皮膚疾患を克服したか?~. メディカルレビュー社. (印刷中).
  26. Omi T, Sato S. (2013) Skin Rejuvenation-Ultrastructural Study. In Skin Aging: New Research. Eguchi A, Imada M, eds. Nova Science Publishers, Inc.(New York). 99-115.
  27. Omi T. (2013) Photopneumatic Technology in Dermatology. In Synopsis of Aesthetic Dermatology and Cosmetic Surgery. Elsaie ML, eds. Nova Science Publishers, Inc.(New York). 161-174.
  28. 尾見徳弥. (2013) レーザー脱毛は安全でしょうか? 美容皮膚科など. 皮膚疾患100の質問. 宮地良樹編. メディカルレビュー社(東京). 214-215.
  29. 尾見徳弥. (2013) セルライト(Cellulite)は治せますか? 美容皮膚科など. 皮膚疾患100の質問. 宮地良樹編. メディカルレビュー社(東京). 216-217.
  30. 尾見徳弥, 佐藤茂. (2012) セルライトとは? 女性の皮膚トラブルFAQ. 宮地良樹編. 診断と治療社(東京). 64-70.
  31. 尾見徳弥. (2012) パーマ・縮毛矯正などが毛髪に与える影響は? 女性に多くみられる皮膚疾患. 女性の皮膚トラブルFAQ. 宮地良樹編. 診断と治療社(東京). 205-210.
  32. 尾見徳弥. (2012) タトゥーによる皮膚トラブルとは? 女性に多くみられる皮膚疾患. 女性の皮膚トラブルFAQ. 宮地良樹編. 診断と治療社(東京). 251-257.
  33. 尾見徳弥. (2012) 剃毛・脱毛の皮膚に与える影響とは? 女性に多くみられる皮膚疾患. 女性の皮膚トラブルFAQ. 宮地良樹編. 診断と治療社(東京). 433-437.
  34. 尾見徳弥. (2012) ネイルによる爪のトラブルにはどう対処する? 女性に多くみられる皮膚疾患. 女性の皮膚トラブルFAQ. 宮地良樹編. 診断と治療社(東京). 443-446.
  35. 尾見徳弥. (2010) エステティックサロンでできる脱毛と医師が行う脱毛の違いについて、解説してください. Q&Aで学ぶ美容皮膚科ハンドブック. 古川福実編. メディカルレビュー社(東京). 95.
  36. 尾見徳弥. (2010) レーザー脱毛について、教えてください. Q&Aで学ぶ美容皮膚科ハンドブック. 古川福実編. メディカルレビュー社(東京). 119-121.
  37. 尾見徳弥. (2010) 電気脱毛について、教えてください. Q&Aで学ぶ美容皮膚科ハンドブック. 古川福実編. メディカルレビュー社(東京). 122-123
  38. 尾見徳弥. (2010) ハイドロキノンの美白効果について教えてください. 薬局で役立つ皮膚科治療薬FAQ. 大谷道輝, 宮地良樹編. メディカルレビュー社(東京). 324-325.
  39. Omi T. (2009) Acne-Treatment and Care. Gabon Medical Book(Korea). 1-145.
  40. 尾見徳弥. (2009) シミと美白剤. スキンケア・美容ケア. 第2版皮膚疾患診療実践ガイド. 宮地良樹, 古川福実編. 文光堂(東京). 240-242.
  41. 尾見徳弥. (2009) rejuvenation-ケミカルピーリング, filler, BotoxR-. 第2版皮膚疾患診療実践ガイド. 宮地良樹, 古川福実編. 文光堂(東京). 254-256.
  42. 尾見徳弥. (2009) 脱毛. 美容皮膚科学改訂2版. 宮地良樹, 松永佳世子, 古川福実, 宇津木龍一編. 南山堂(東京). 225-235.
  43. 尾見徳弥. (2009) 多毛症. 美容皮膚科学改訂2版. 宮地良樹, 松永佳世子, 古川福実, 宇津木龍一編. 南山堂(東京). 642-649.
  44. 尾見徳弥. (2008) 脱毛治療. メディカルヘルスケア. 宮地良樹, 松永佳世子, 古川福実, 宇津木龍一編. 南江堂(東京). 142-149.
  45. 尾見徳弥. (2008) これでわかるニキビの治療とケア-安易に抗菌薬に頼っていませんか? 南江堂(東京). 1-145.
  46. 尾見徳弥. (2008) 脱毛治療. メディカルヘルスケア. 宮地良樹, 松永佳世子, 古川福実, 宇津木龍一編. 南江堂(東京). 142-149.
  47. 尾見徳弥, 南川勝枝. (2007) Skin rejuvenationの最前線 美容皮膚科学. WHAT’S NEW in 皮膚科学2008-2009. 宮地良樹編. メディカルレビュー社(東京). 142-143.
  48. 尾見徳弥, 奥山ます美. (2006) レーザー・ホワイトライトを用いたphotorejuvenation. レーザー・ホワイトライトを用いた施術. 石橋康正, 本田光芳, 尾見徳弥, 笠井浩, 満田邦彦編. ビューティーサイエンス学会(東京).122-128.
  49. 尾見徳弥. (2006) レーザー・ホワイトライトを用いたhair reduction, hair removal. レーザー・ホワイトライトを用いた施術. 石橋康正, 本田光芳, 尾見徳弥, 笠井浩, 満田邦彦編. ビューティーサイエンス学会(東京). 114-121.
  50. 尾見徳弥. (2005) Herbal Therapy. 光老化皮膚. 川田暁編. 南山堂(東京). 236-252.
  51. 尾見徳弥. (2005) 脱毛. 美容皮膚科学. 宮地良樹, 松永佳世子, 古川福実, 宇津木龍一編. 南山堂(東京). 184-194.
  52. 尾見徳弥. (2005) 多毛症. 美容皮膚科学. 宮地良樹, 松永佳世子, 古川福実, 宇津木龍一編. 南山堂(東京). 570-576.
  53. 尾見徳弥, 奥山ます美. (2005) レーザー・ホワイトライト治療と皮膚の若返り. Beauty Science. ビューティーサイエンス学会. 演劇出版社(東京). 101-106.
  54. Omi T, Kawana S, Sato S, Honda M. (2001) Acute changes elicited by a non-ablative wrinkle reduction laser : an ultrastructual study. In Progress in Biomedical Optics and Imaging. Longo L, Hofstetter AG, Pascu ML, Waidelich WRA, eds. SPIE (Washington, USA). 184-188
  55. 尾見徳弥. (2001) 皮膚と毛髪の構造と生理衛生. 美容脱毛レーザーライト安全講習会. 美容機器普及会(東京). 30-41.
  56. 尾見徳弥, 漆畑修. (2000) 医療脱毛のこつ-レーザー脱毛・電気脱毛-. メディカルコア(東京). 1-76.