クイーンズ 医療レーザー研究所
皮膚科・アレルギー科 メディカルエステ メディカルコスメ ホーム

ご案内

レーザー治療

IPL-typeフェイシャル

PPxセラピー

ケミカルピーリング
Blue light therapy
e-Matrix

その他

お問い合わせ

IPL-typeフェイシャル
IPLはレーザーではありません
表皮のシミに効く短い波長、コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化したり、 赤ら顔のもとになる毛細血管に作用する中間の波長さらに肌の表面(角質)に効く長い波長まで、多種類の光を一度に弱くかけることにより、特に老人性色素斑と 呼ぶタイプのシミがある人や肌の赤みが気になる人・毛穴のひらきが気になる人・シワなどへの効果がみられます。当センターではデンマークAarhus大学 と共同研究を行っています。
光線治療
治療イメージ 【多様な波長の光を同時に照射】

多種類の光が一度に照射されます。

波長によって到達する深さが異なるので、角質・表皮のメラニン・真皮のコラーゲンを作る細胞や血管にも作用します。

肌のくすみやシミ、小じわや毛穴の開きを徐々に解消します。
施術例
6回の治療でシミ・しわが改善、 弾力が戻りました
施術前 →→ 施術後
シミとしわが気になる64歳の女性。2週間おきに6回の施術を受けました。シミもしわも薄くなって肌のキメも整い、弾力が出てきました。たるんだ頬も引き締まって見えます。
所要時間
IPL-typeフェイシャルを施行する時間は約15分〜20分程ですが、施行前に診察をうけていただきますので、一回の所要時間は約30分です。(処置にはご予約が必要です)
治療回数
肌へのダメージが少ない分、作用も穏やか。 何度か受けるうちに徐々にシミや小ジワが目立たなくなってきます。 少なくとも4〜5回は必要です。
治療間隔は、約10日から2週間ほどあけて治療を行って下さい。
治療費用
 料金
1回 20,000円(税抜)
I2PL(Ellipse)
DDD社独自の二重フィルター方式により、必要外の光の波長域をカットし、熱傷などの治療リスクを従来のIPLに比べて低減していきます。
又、エネルギー出力を大きくして、安定した出力を供給できるため、安定した治療効果が期待できます。
グラフ 写真 
  (図)DUAL MODE FILTERING二重フィルター(上)と、
  シングルモードフィルター(下)、波長域の違い
   
 
適応
○肌質の改善、肌のハリ、美白効果
○毛細血管拡張症、血管腫、にきび跡の赤みなど
○しみ、そばかす、クスミなど色素性変化
 
副作用
時に一過性の顔のほてり、赤みを生じる場合や、まれに瘢痕形成を来たす場合があります。

ページのトップへ

クイーンズスクエア メディカルセンター Copyright(c)2003 Qeen's Square Medical Facilities All Rights Reserved.